下宿選びのポータル情報サイト
下宿.NAVI

TOP >> 下宿へ引っ越す 引越しの準備

引越しの準備 >> 様々な引越し方法

様々な引越し方法

下宿先が決まって、契約を交わしたら、引越しの日取りも決まってきます。下宿への引越しというのは、ひとりでの引越しですから、家族での引越しに比べたら、随分違う点があります。荷物の量も手間も、違ってきますが、ひとりでの引越しが始めてという方がほとんどでしょうから、荷物が少なくても想像以上に大変です。
まず、引越しには、いくつかの方法があります。自分にぴったり合った引越しの方法をえらぶことから始まります。

〔PR〕引越しのポータルサイト「引越し.NAVI」

引越しの準備 >> どの方法で引っ越し

どの方法で引っ越し

家の(自分の)車で引っ越す
これが、一番安上がりな引越しの方法です。家族の(自分の)車を使い、運転手は、父親や母親などにお願いすることになります。荷物の運び出しなども、自分たちで行います。下宿への引越しの場合、冷蔵庫やベッドなどの、大きな家財道具を運ぶ必要なないこともありますので、自家用車で十分荷物を運べるということになります。ただし、あまりにも引越し先が遠い場合などは、不向きな点もあります。

レンタカーを借りる
家の(自分の)車を借りるという引越し方法の次に安上がりな方法です。家の(自分の)車では、荷物を全部運ぶことが出来ないという場合、荷物の量に合わせて、ワンボックスカーや、2トントラックなどを借りるといいでしょう。ドライバーにとっては、運転しなれないレンタカーの運転を長時間するのは、なかなか疲れるものです。安全運転で進めるようにしましょう。

赤帽で引越し
赤帽とは、軽トラックのチャーターのことです。一人暮らしで荷物が少ない場合で、かつ近距離の引越しの場合は、意外と安上がりな引越しの方法です。赤帽のドライバーが、荷物の運びいれも手伝ってくれますので、引越しそのものも、かなり楽になります。軽トラックでは、あんまり積めないのでは? と思っていると、意外とたくさんつめるものです。

引越し会社に頼む
引越しの定番というと、引越し会社に依頼するという方法です。引越し会社といっても、今では様々な会社がありますので、調べてみましょう。自分に合った引越しメニューで、見積もりを出してもらい、決めることになります。引越しメニューは、荷物をトラックで運ぶだけから、荷造り・荷解きまでやってもらうメニューなど様々あります。値段と手間を考えて選ぶといいでしょう。

引越しの準備 >> 荷造りをする

荷造りをする

引越し業者に、荷造りまでお願いすると言う場合でも、ある程度は、自分で引越しの準備が必要です。引越し業者に依頼をしてしまえば、あとは全部やってくれると思いきや、自分でやらなければならないこともありますので、引越し当日までというのは、実にばたばたと、早く時間が過ぎてしまいます。少しづつでも、引越しの準備を進めるようにしましょう。
まず、下宿への引越しは、最小限の荷物だけでも十分です。不要なものは処分するなり、実家に保管しておくなりしなければなりません。下宿へ運ぶ荷物と、処分する荷物、運ばない荷物を分けておくことが必要です。引越し当日に、「どうしようか。持って行こうか?」と悩んでいると、引越しに時間がかかるばかりです。事前に準備しておきましょう。
もしダンボールなどに梱包するのであれば、近くのスーパーなどでダンボールを頂くことができます。また、荷造りには、ガムテープ・ひも・はさみ・カッター・マジック・軍手などがあると便利です。ダンボールに入れたあとは、荷解きが楽なように、マジックで梱包内容を記しておきましょう。

引越しの準備 引越し手続き  /><a href=引越し業者を探す

↑ PAGE TOP

学生向け賃貸情報のポータルサイト紹介 学生賃貸まとめサイト 学生マンション賃貸情報 学生会館ほっとステーション 学生寮ガイド 下宿ガイド
学生向け賃貸情報のポータルサイト紹介 学生賃貸まとめサイト 学生マンション賃貸情報 学生会館ほっとステーション 下宿ガイド 学生寮ガイド
学生向け賃貸情報のポータルサイト紹介 学生賃貸まとめサイト 学生マンション賃貸情報 学生会館ほっとステーション 下宿ガイド 学生寮ガイド
学生向け賃貸情報のポータルサイト紹介 学生賃貸まとめサイト 学生マンション賃貸情報 学生会館ほっとステーション 学生寮ガイド 下宿ガイド